ビデオゲーム史を巡る冒険シリーズ (1)黄金の墓

同人誌

表紙イラスト/どろみず

A5判/20ページ/本体価格500円

1983年夏にリリースされた『黄金の墓』の原作者・山中潤氏に、これまでになかなか語られる機会がなかった当時のエピソードを伺ったインタビューをまとめたものです。1980年代初頭の個人ゲームクリエイターの実態から、なぜかアーケードゲーム業界の“闇”まで多岐にわたる内容です。

コメント