セガ設立60周年記念特集の勝手な番外編・qbertが選ぶSG/SC名作傑作ソフト6選

ゲームソフト・アプリ

2020.6.11発売の週刊ファミ通6/25号には全60ページのセガ60周年特集が掲載されています。“セガ系ライター”の端くれである私(gtozka)はゲーム紹介ページを数ページお手伝いしました。

読む側にとってはどうでもよいことかと思いますが、各コンシューマハードを代表するゲームソフトの選定には、いちライターでは計り知れない基準が設定されています。なのでもし思い入れのあるハードの代表作を個人で選ぶとしたら……ということでSC/SGシリーズ(記事ではSG/SCに表記統一されてましたね)のゲームを6選してみました。本誌記事と併せて読んでハードの全体像をつかむ一助にしてみてください!

ちなみに私個人のSC/SGシリーズのゲームに対する思い出についてはレトロゲームショップBEEPさんのサイトのコラムページで綴っています。

【リレーブログ特別編(前編)】元MSXマガジン・BEEP!メガドライブスタッフ 戸塚伎一様 | BEEP
 今回のリレーブログは特別編。『真・魔王ゴルベリアスMSX2復刻版』の特典「藤島聡氏・広野隆行氏インタビュー」のインタビュワーを担当していただきました戸塚伎一様に、ゲームライターになるまでを語っていただきました。まずは前...>>続きを読む

サファリハンティング

●セガ/カートリッジ/アクション・シューティング/1983年

よけて撃つ、のシューティングゲームの要素を“ブッシュ地帯での猛獣狩り”として表現したエキゾチックなアーケード作品『トランキライザーガン』(1980年)の移植。グラフィックは全体的にかわいらしくなったもののプレイ感覚は原作にかなり近め。開発はコンパイル社で、アーケード基板の目コピ移植……とのこと。

サファリハンティング(SG-1000)
↑アーケード版ではどうなってんだかよくわからなかったプレイヤーキャラのグラフィックがわかりやすく描かれている。グラフィック担当は藤島聡氏

スタージャッカー

●セガ/カートリッジ/シューティング/1983年

1983年発売のアーケード版の劣化移植というよりは、ゲーム性を洗練し演出方針を大幅に変更した進化バージョン。『デンジャラスシード』(ナムコ)のアーケード版とメガドライブ版の関係に近い……といえば伝わるだろう(誰に?)。シーン転換時のサウンド演出の巧みさにより、宇宙空間を駆け抜ける疾走感を疑似体験できた。

STAR JACKER ( スタージャッカー ) / SEGA SG-1000
↑RF接続した画面&サウンドの雰囲気が伝わるプレイ動画。宇宙空間が真っ黒に見えるけど実際はちゃんと星が流れている。

ジッピーレース

●セガ/カートリッジ/レース/1983年

ライバル車から煽り運転されまくるアーケード用アメリカ大陸横断バイクレースゲームの移植。ギミックが減ったぶん牧歌的なムードが増し、3Dパートの遠景が醸す“旅情”がより味わい深くなった。チェックポイント到着時のライダーのグラフィック縮小表現の手作り感に、テレビゲームの大事なものが宿っている気がする。

[SEGA] ジッピーレース Zippy Race
↑1985年にはアーケード版発売元のアイレムからファミコン版が発売された。色数やスクロールの滑らかさは後発に軍配が上がるものの、やはり旅情がね……。

ピットフォールⅡ

●セガ/マイカード/アクション/1985年

海外コンシューマ作品のセガアーケードアレンジ版のコンシューマアレンジ移植(ややこしい)。スコアで増えるストック制導入により、世界が広がる感じを味わいつつじっくり探索できるようになった。買い物もボス戦もないが、地形構造を把握しつつ要所のアクション操作を決めつつのバランスが良く、まさに“冒険”だった。

SEGA SG-1000 PitFall2 No-miss Clear 1/2
↑クリア動画ではピンとこないかもしれないが「この場所こっちから回っていくんだ!」とか「まさかこんなギリギリな移動方法だったなんて!」と気づいた時の快感はただ事ではなかった。

ガルケーブ

●セガ/カートリッジ/シューティング/1986年

『ガーディック』『ザナック』などを手がけたコンパイル社スタッフによるオリジナル横シュー。一見地味で高難度だが敵出現テーブルにメリハリがついているためプレイ自体は熱い。どういう状況かわからないけどミニマルな背景が多重スクロールするさまは美しく、異世界の道理に取り込まれていきそうな呪術性がある。

Gulkave (SG1000) – Full Playthrough
↑双六形式のパワーアップ(武器チェンジ)システムは『グラディウス』のようなゲージ制のゲームとは異なる駆け引きが必要になる。アイテム取得時に無敵時間が発生するあたり、紛れもなくコンパイル製シューティングの系譜だ。

忍者プリンセス

●セガ/マイカード/アクション・シューティング/1986年

1985年セガアーケード作品の、デモや特殊ステージがないダウングレード移植。とはいえシューティング+アクションゲームとしての操作性・ゲームテンポは抜群に良く、むしろアスレチック要素が減ったことで物語性に芯が通ったまである。SC/SG版オリジナルの巻物集めによる謎ときも、コンシューマならではのアクセントに。

忍者プリンセス(SG-1000、SCー3000) クリア動画
↑敵忍者は単色ながら攻撃パターンが多彩。“忍法・背景とまったく同じ色で非常に見にくいの術”で迫ってきたりと、セガマークⅢ用の“忍者プリンセス1メガ版”こと『忍者』の主人公よりも全然忍者っぽい。

今回紹介したゲームは「よくできている」「面白い」に加えて現実とは異なる世界にいて、そこで生きているという感覚を味わえたものたちです(『バンクパニック』はよくできていたけれど「よーしここは西部劇の世界だぞ!」という気分にはなれなかったので除外したり……とかそういう曖昧な基準)。令和の世の目で見てどうかというと厳しいものがありますが、機会があればそういう観点でぜひプレイしてみてください。

「当時からのガチユーザーでもなければ今さらプレイする機会なんてないよ!」と思われるかもしれませんが、つい最近レトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」さんで、最後から2番目に紹介した『ガルケーブ』のMSX版(SC/SG版とほぼ同じ内容)の有料配信が始まりました。WindowsPCがあれば気軽に導入・プレイできるので、ご興味があればぜひ。

コメント