コミケ97・4日目「同人ソフト」エリアのGAMESOLDIER的おすすめサークル紹介

同人誌

2019.12.28~31に東京国際展示場で開催されるコミックマーケット97の4日目(大晦日)にqbertもこんな感じで参加しますよという記事を書きました。

同日の「同人ソフト」エリアには同人・インディーゲーム関連の活動をしているサークルが多数参加しているので、そっちの分野に興味がある方はここ(とお隣の「東方Project」エリア)をグルグル回っているだけでも満足できるでしょう。

その中でも私(gtozka)が一方的に気になっているサークルがいくつかあります。それぞれどんなことをしているのかダイジェストでご紹介!

STRIKE WORKS (南リ46a)

※シケモクMK氏のTwitter投稿より

qbertが制作中のノベルゲーム『レトロゲームエイリアンズ』の制作に使用しているソフト「ティラノビルダー」の開発者シケモクMK氏のサークルです。個人でWebサービスやゲームの開発をして生活していくための心構えやあらかじめ知っておきたいことを、ご本人の経験談としてまとめた本が新刊として頒布されます。そして「間に合えば新ツールの情報も……」ということで期待が高まります。

その他にもティラノビルダーやティラノスクリプト(ティラノビルダーの内部で動いているゲームエンジン)の既刊ガイドブックが値下げで提供されるとのこと。「今こそ俺(私)もゲームを作り出す時!」という方は立ち寄っておいた方がよいでしょう。

るてんのお部屋(南リ46b)

※柳井政和氏のTwitter投稿より

胸熱ゲーム業界小説「レトロゲームファクトリー 」の作者にしてシステムエンジニア兼個人ゲーム開発者の柳井政和氏のサークルでは2冊の新刊が頒布されます。ひとつは落ち物パズルゲームのHTML5とJavaScriptのコード本。もうひとつは柳井氏がiモード用のゲームを作っていた時のエッセイです。こういうゲーム自体もそうですが、当時の作り手側の情報はなかなか残らないものなので、とても興味深いです。

ダウンロード版はすでにBOOTHなどで販売中なので、当日行けないという方もご安心を。

IchigoJaMan(南ラ33b)

以前取材させていただいた長野県の上田市マルチメディア情報センターの主任がコミケ初参加。 IchigoJam(子供向けワンボードマイコン)に EEPROMを搭載したカスタムモデル「SanadaJam」や、光るハンドスピナー、オーナメントといった電子工作の完成品を頒布されるとのことです。 

「SanadaJam」はIchigoCake BASICで作られた『スタートレック』風のゲームがプリインストールされている、おっさんにも優しい仕様です!

doromizu89(南ユ41a)

※どろみず氏のTwitter投稿より

レトロゲームエイリアンズ』のグラフィックを担当していただいているイラストレーター・どろみず氏がコミケ初参加されるとのこと。過去に携わったフリーゲーム用に作成したイラスト、グラフィックをまとめた画集(B5判フルカラー150ページ!)を頒布するそうです。

chime』『コクラセ』『走馬燈少女幻影』といったgalanti氏原作のゲームほか、絵は描いたけどゲームは未完成……という3タイトルぶんの絵素材が収録されるとのことでファン必携のアイテムです。私ももちろん買います!

Summertime(南モ32b)

※隷蔵庫氏のTwitter投稿より

ティラノスクリプトorティラノビルダー製のフリーゲームのコンテスト「ティラノゲームフェス2018」の大賞作品『真昼の暗黒』を制作した隷蔵庫氏のサークル。同作品を含むフリーノベルゲームの公式ガイドブック(モノクロ64ページ)で、キャラクター紹介や「PC-98っぽい背景のメイキング」なども載っているとのことで、バラエティに富んだ内容になっているようです。

Project Rolling Gunner(南メ22b)

2019.2にNintendo Switch版も発売された横スクロールシューティングゲーム『Rolling Gunner』のパワーアップバージョン『Rolling Gunner Over Power』(PC版)の完成版が頒布される予定です。新たな武器とスコアシステム、そしてアレンジBGMが搭載された最新形ということで、従来作を十分にやり込んだ人も楽しめる内容になっています。

Rolling Gunner Over Power : COMIC MARKET 97 (2019 winter) Ver PV

この記事に紹介したサークルさん(とqbert)の配置場所は下図で赤くマークした位置です。気になったブースに立ち寄ってみてくださいね。

※コミケウェブカタログ97より

コメント