インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」の個人的まとめ【その2・惹かれたゲーム編】

ゲームソフト・アプリ

2019.6.1~2に京都市勧業館みやこめっせ(京都府)で開催された BitSummit 7 Spiritsのふり返り記事の2回目です。前回はこちら。

触れてよかった10タイトルを一気に紹介

今回は“ブースを回って見つけたおもしろそうなインディ―ゲーム”として商業メディアで紹介しようと取材したものの記事化できなかったタイトルのダイジェスト紹介です。

記事化には優先順位があって……など記事化できなかったもっともらしい理由はいくつか挙げられるのですが詰まるところは私(@gtozka)の原稿作業速度が遅いせいなので、取材にご協力いただいた皆様にはただただ面目ありません。

しかしこういったことが度重なった末に当サイトをやっているという面もあるので、後日のプレイ感想も交えてお送りします。

30minutes Night Flight(開発・17)

有志3人で『RPGツクールMV』で開発しているというダンジョンRPG。「1ドット1ドットに魂を……」というタイプではなく、メリハリのきいた色の“面”で見せるタイプのドット絵が印象的です。

ゲームとしては倒したばかりの敵を“操り”という設定で次の戦闘から即参加させられるなど、やや変化球タイプ。今回の出展は「こんなものを作ろうとしています」というお披露目が目的のため、シナリオやゲームシステムはこれから煮詰めていくとのことでした。完成したらフリーゲームとして公開される予定。

ANNO:Mutationem (開発・ThinkingStars)

デカデカしたドットで描かれた近未来サイバーパンク世界を舞台にカッコイイ女性ANNOが銃器や体術で戦うアクションゲーム。中国デベロッパーのいい感じのゲームをインキュベーションしてしまうSIEのプロジェクト“China Hero Project”に選出されたタイトルのひとつとして、プレイステーションのブースに出展されていました。

プレイアブルデモではメカニカルな巨大な敵との戦闘とともに、さまざまな登場人物との会話シーンも楽しめました。ノスタルジーにもファッションにも寄らない独特のビジュアル世界が画面奥方向にも延々と続いている感覚、ぜひとも味わっていただきたいです。

『ANNO: Mutationem』日本語トレイラー公開!BITSUMMIT 7に日本語版で出展へ

ペイントアウト! (開発・ロケットリョコウ)

アイレムのアーケードゲーム『迷宮島』(1988)などを手がけたゲームデザイナー・北浩也氏の新作スマホパズル。基本的には一筆書きゲームで、グリッド吸着感のある操作性が特徴です。何もないところを通ってわざと新たな道を作ることも織り込んでの最少ステップアタックは、”理論値”という言葉が好きな人ほど燃えるでしょう。

iOS/Androidアプリは2019.6内にリリース予定とのこと。北氏は「今後も作れる規模と内容のものを作っていきます」と抱負を語りました。

ペイントアウト! / PaintOut! [ iOS / Android ]

here AND there(開発・Komitsu)

2019.4.6~7に開催されたインディ―ゲームイベントTOKYO SANDBOXでも展示されていたiPad用無料アプリ。当時はもう一方の出展タイトル『Wonder in Wonder』に心を奪われていたため気づかなかったのですが、こちらもなかなかぶっ飛んだ内容でした。

ゲームというよりはタップした場所によってさまざまなアニメーションを楽しめるデジタル絵本で、本体の傾け具合で隠れていたキャラが見えたり、あるシーンの現象を異なるシーンに持ち込めるといった遊び心に満ちています。
「なぜそんなことに……?」と一瞬思考が止まるほど意外性に満ちたタップ時のリアクションの数々は、企画・イラストレーションを手がけたアーティスト・小光氏がすべてみずから考えたものとのこと。自身のアイデアを普段とは異なるフィールドで環境がある人は気軽に楽しんでみてください。

here AND there – trailer 2

魔女の迷宮(開発・オレンジキューブ)

2018.4にiOS/Android用アプリとしてリリースされたローグライクRPG『魔女の迷宮』のNintendo Switch版。お手軽なゲーム性はそのままに横長に広くなった画面で物理コントローラーに最適化された操作性で楽しめるようになっていました。

イベント出展デモでは初心者向けのチュートリアルと“BitSummit限定ダンジョン”をプレイできました。私はチュートリルで凡そをつかんでから限定ダンジョンに意気揚々と挑んだのですが最深部のボス戦であえなくゲームオーバー。とっつきがいいけどちゃんと考えながらプレイする必要がある本作のゲームバランスの片鱗に触れることができました。Nintendo Switch版のリリースはそう遠くない先に……とのことでした。

魔女の迷宮 PV

World for Two(開発・Seventh rank)

BitSummit開催期間に前後してストアでの配信が始まったiOS/Android用ゲーム。プレイヤーはアンドロイドを操作し自身を創造した博士の命に従って、DNA配合で誕生させた生物を荒廃した地上に解き放っていく……という内容です。

ドット絵でありながら空間の表現に長けたアートスタイル、各場面に宿る情感をじんわりと補完するサウンドを楽しみながら静かな物語世界に浸れる本作。“支援”という形で固定金額での支払い窓口は用意されているものの広告表示なしの完全無料で最後まで遊べてしまうのは、なかなか思い切った方策です。少人数体制で開発された作品だからこそという面と、各担当者が自身のクオリティに自信を持っているからこそという面が見え、とても興味深いです。

ブース写真に写っているのは音楽担当の椎葉大翼氏(左)とグラフィック担当のハフハフ・おでーん氏(右)。ゲームデザイン/プログラムを手がけた個人開発者・しんいち氏はその場に居合わせてはいましたが「僕はいいです……」とやんわり後ずさりしました。

「World For Two」 PV1

INO ver.Ⅱ(開発・FANTEC)

危険な惑星をひとりテクテク歩いて地図を完成させる、2018年リリースのiOS/Android用ゲームの続編。 見た目は劇的に変化しているわけではありませんが、前作から数年後が舞台ということで、物語世界が気になる人は要注目です。リリースはまだしばらく先になるそうです。

INO verⅡ プロモーションビデオ

ぴこピコ☆らぶタッチ(開発・株式会社ソフトウェアコントロール)

真面目なIT企業の企画開発活動として2016年より制作・改良が加えられている2人用相性診断ゲーム。30秒間、光るパネルをふたりの両手で同時にタッチし続けるスコアアタックものでおしとやかなツイスター的要素もあります。

出展されていた“2019 SUMMER”バージョンはビカビカ光るパネルとカメラ撮影されたプレイヤーの姿がハートでくり抜かれてメイン画面中をフワフワしている様子が印象的でした。基本的にはカップルでのプレイを想定したものですが、ゲーム好き男子同士で賑やかくやっている様子も、傍目によいものでした。

本作は正式リリースを目指して制作中というよりは今回のBitSummitやMaker Faire Tokyoなどのイベントに出展するデモンストレーション用のようで、開発は延々と続きそうです。

ぴこピコ☆らぶタッチ ver.2019夏(開発版)

妖精石物語(開発・ks soft)

ボクセルグラフィックが特徴的な、iOS/Android用3DアクションRPG。スワイプ、タップなどの基本的な操作でできる本格派アクションです。装備アイテムのハック&スラッシュ要素と、80~90年代のゲームに顕著だったプレイヤーを悩ませ、楽しませることに特化した構成のフィールドでの心地よいゲームプレイを楽しめます。

グラフィックデザインは特別洗練されているわけでははありませんが中~大型の敵の物質的存在感とモーションの豪快さは、レゴブロックに憧れるたぐいの少年ゴコロを思いきりくすぐります。

序盤を遊べる無料版が気に入ったらそのまま正規版(600円)にアップグレードするのがよいでしょう。

Fable of Fairy Stones

モチ上ガール(開発・mumimumi)

Play,Doujin! ブース には『吾妻邸くわいだん』『PHRASEFIGHT』『海のカケラ』などのパブリッシング(予定)タイトルがずらりと出展されていました。

その中のひとつ『モチ上ガール』は日本ゲーム大賞2018“U-18部門”で金賞を受賞作した、餅のワイヤーアクションゲーム。受賞当時は高校生で現在は大学生の作者・ 渡邉大誠氏(画像)も会場にいらっしゃいました。

Play,Doujin!を運営するメディアスケープの江崎望氏によれば、本作のパブリッシングには「日本ゲーム大賞で受賞したらどのようなことが待っているか、というひとつの道筋を示したかった」という狙いもあったとのこと。若いうちの個人・少人数チームでのゲーム制作経験が就職活動時のプロフィール項目のひとつにしかならないのはもったいない……という考え方は非常に共感できるものでゲーム業界内の意義も大きいと思います。

渡邉氏も現時点では個人でのゲーム制作を続けていきたいとのこと。これを機にインディー系パブリッシャーによるゲーム開発者のドラフト会議(?)が活性化するのもいいですね。

モチ上ガールPV

今回のBitSummitは実は取材だけではなく出展者としても参加していました。いち出展者の経験や感想は次回(その3)で書くつもりですが……まとめる時間あるかな(笑)。

BitSummit (c) Copyright 2019. All rights reserved.
The BitSummit Organization Committee.

コメント