成長期に与える言葉の大切さを実感できるスマホゲー『ことだま日記』2019.5.29に配信開始&BitSummit 7 Spiritsに出展

ゲームソフト・アプリ

インディーゲーム制作チーム ” Ske6 ” さん開発の育成シミュレーションゲーム『ことだま日記』のiOS/Android版が2019.5.29夜より各ストアの配信が始まります。 アプリ内課金ありの無料アプリです。

【ことだま日記 (Kotodama Diary)】 ほのぼの育成ゲーム プレイムービー第二弾!

人間だったらトモダチだけど、言霊だからことだまっち!

謎の生物”ことだまっち”をタップゲーム(クリッカーゲーム)+”コトダマ(単語)”の選択で成長させつつその一方でフロアの模様替えをしつつ……といったユルくも遊びがいのある内容です。約70種類のパターンに成長することだまっちは見た目のポップさ、セリフの深さ(?)ともにバリエーションが多彩。自分自身に寄せたキャラに育てたつもりがなぜか”サイコパスくん”や”やんでれちゃん”に進化したりといった意外性を含め、未曽有のわちゃわちゃ感を楽しめます。

ちなみにSke6代表&グラフィック担当のACHABOX氏は、人気ロックバンドキュウソネコカミのアーティストドット絵などを手がける現役バリバリの映像作家。ノスタルジーにも細密さにも依存しない絶妙なバランスの”抜け具合”のピクセルアートを堪能できるだけでも本作は価値があります。

BitSummit会場で”ことだまっち”と握手!?

そんな『ことだま日記』ですが2019.6.1~2に京都市勧業館みやこめっせ(京都府) で開催されるインディーゲームイベント”BitSummit 7 Spitits” への出展が予定されています。

ブース番号はR-03(Red Area)。ブースでは物販も行われるとのことなので、さっそくプレイして気に入ったら開発者さんに直接感想を述べつつ、”推しキャラ”のグッズを入手してみては。

■iOS版ストアページ

■Android版ストアページ

(c) 2019 by Ske6

コメント