ホラー要素多めのVRノベル『夕鬼 零』2019.4.30リリース・去り行く平成を夕刻の教室で見送る

ゲームソフト・アプリ

世代を超えた“どこか不気味な懐かしさ”を味わえる

平成初期の学校を舞台にしたHTC Vive / Oculus Rift用VRジュブナイル・ホラーノベルゲーム『夕鬼 零 -Yuoni:ゼロ-』が平成最後の日・2019.4.30にSteamストアにてリリースされました。価格は税込1220円です。夏の夕方、誰もいない教室でスケッチブックに綴られた物語を読んでいく……という多重構造的な没入感を味わえる摩訶不思議なゲームです。

“平成初期”という舞台設定の要素は本編ではほんの味つけ程度ですが、小学生時代に誰もが何かしらの形で経験する“子供でいられなくなる一抹の淋しさ”や“みんなと同じこと/違うことにたいする葛藤”が描かれる物語展開は、あらゆる世代のノスタルジーを刺激します。

追体験型VRノベルゲーム『夕鬼 零 Yuoni:ゼロ』公式トレイラームービー

ホラー要素は、チョー怖いクリーチャーがカンガン押し寄せてくるというタイプではなく、どことなく不穏な物語にのめり込んでいた瞬間にドキッとさせられる……という演出面に集約されています。あまりに怖くなったら本を伏せるようにヘッドセットを外せばいいだけなので(笑)リラックスした状態でプレイするのがよいでしょう。

ジュブナイルホラーをVRで体験するのが “令和スタイル”に⁉

制作したのは、海外でも人気の高い格闘アクション『NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム』シリーズの開発を手がけてきたメンバーが中心となって設立した福岡県の開発会社トライコアさん。今作が自社オリジナル第1弾作品、しかも次回作のVRホラーアクション『夕鬼(仮称)』のプロローグ的タイトルということで、今後の展開・発表が気になるところです。

今回のリリースはPC版ですがすでにNintendo Switch版のリリースも発表されています(※2019夏予定)。VR要素がどう表現されるのか・されないのかは現時点では何ともいえませんが、トライコア代表・由比 建氏いわく「さまざまなVR機器への対応は技術的には可能。現時点での最優先はNintendo Switch版ですが、幅広く展開していきたいですね」とのことでした。

(c) tricore Inc

コメント