【ゲーム家族】11.地球防衛軍ファミリー入隊

ゲーム家族
© 2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER

2019.4.11に『地球防衛軍』シリーズ最新作『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN 』が発売されました。

宇宙からやってきたでっかいアリやクモと戦い地球を守ることを目的とするゲームで、家族全員大好きなシリーズです。

夫と私は『地球防衛軍3』から入隊、『地球防衛軍4』からは息子も入隊し、以降『地球防衛軍4.1』『地球防衛軍5』と家族で地球を防衛してきました。

最新作は今までとは少し毛色が違うようで、どんな感じなのかとても楽しみなのですが、現時点では未入手。必ずや近々に入手し、エイリアンから青い地球を守りたいです。

家族で同じゲームをプレイする際に何かと問題になるのがセーブデータ

新しいゲームがやってくると3人揃ってゲームを同時に始めてしまう我が家では、最初のプレイの続きを全員が自分でプレイしたくなるので揉め事が絶えません。

私も、自分のアカウントで遊んでいた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のセーブデータを、自分のデータで進みの悪かった息子に乗っ取られてしまい、泣く泣く新しいアカウントで作成し直しました。

『地球防衛軍』シリーズは、息子が保育園児だった『4.1』までは1つのデータを3人で共有して遊んでいました。

最初に夫が難易度ハードモードでプレイをしているのを私と息子で見守り、夫不在時に同じデータの難易度ノーマルモードを私と息子が追っかけプレイ……という方法でうまくいっていました。

ところが『5』になると息子も年齢相応の自我が芽生え、一人でも難易度イージーモードでガンガンプレイするようになりました。やがて夫のゲーム進行を追い抜き、新ステージを次々と解放していきました。

高難易度設定でコツコツとプレイし、自分でステージ解放することを楽しみにしていた夫はとても怒りました。

さすがの息子も反省し、今後のセーブデータの取扱いについて家族会議した結果、『地球防衛軍』シリーズに関しては以下のよう決まりました。

  • 自分のセーブデータ以外で遊ばない
  • 新ステージのネタバレしない

家族で同じゲームを遊ぶのは楽しいことですが、自分なりの楽しみ方を邪魔されると大人気なく怒って拗ねる父母を持った息子には、社会の縮図と思って他人への対応を学んでいって欲しいものです。


セーブデータには関係のない思い出ですが、息子は保育園の外遊び時間、仲良しの子たちと「地球防衛軍ごっこ」をしていたそうです。家に遊びにきた友達と『地球防衛軍4.1』 で盛り上がっていたのは知っていたのですが、さすがに驚きました。

保育園に息子をお迎えに行ったある日、同じ組の女の子に「わたし、ウイングダイバーよ」と髪をなびかせながら言われた時には、現実と『地球防衛軍』の世界が融合した感覚がしました。

※ウイングダイバー:空中戦に特化した女性特殊部隊の名称

(C) 2015 SANDLOT
(C) 2015 D3 PUBLISHER

コメント