インディーゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2019」の個人的な取材まとめ【リベンジ編】

イベント

今回ご縁のあった8タイトルを一気紹介

2019.4.6~7にベルサール秋葉原(東京都千代田区)にて開催されたインディーゲームイベント“TOKYO SANDBOX 2019”の取材をし、ファミ通.comでいくつか記事をアップしました。

実際にはもっと多くのブースを取材していたので、個人的に興味を惹かれたもの・実際に遊んで面白かったものをこの場を借りてフォローしていきます。振り返ってみると、会場でプレイしたのはほとんどが日本のデベロッパーさんのゲームでした。狙った(避けた)つもりはないのですが、自然と吸い寄せられるのがそうだったんでしょうね。

ブルーセイバーズ アーリーミッション (制作 : Blue&White)

「昔作ったゲームの絵をきれいにしたやつで……」とブースにいた開発者さんがおっしゃっていたのですが、あとでサイトを調べたら平成元年から断続的に活動している恐ろしく年季の入ったサークルさんでした。そういえば過去作品のパッケージ、メッセサンオーなどの同人ゲームショップ店頭でよく見かけていたような。

1ステージ単位のプレイ、3タイプの弾数制限のあるスペシャル兵器、武器補給&シールドの役割を果たす味方機との連携……などの尖った仕様満載ですが、弾幕以前のハイテンポなシューティングゲームならではのおもしろみがあります。爆発シーンが映える3Dグラフィックも見もの。

完成予定は2019年夏。公式サイトで無料体験版が配布されています。

Artifact Adventure 外伝 (制作 : bluffman)

ゲームボーイ調のグラフィックとサウンドを再現したSteam(PC)用フリーシナリオRPGのグラフィックをファミコン調にリメイクしたNintendo Switch版……という少々複雑なおいたちの作品。アクティブゲーミングメディアさんのパブリッシングでもうすぐリリースされるそうです。

日本のおっさんゲーマーはもちろんですがそれ以上に海外勢のファンやフォロワーが多い本作。制作者さんによれば「それにちなんだイースター・エッグが仕込まれている」とのことで私気になります。

蹴落とし! トレジャーハンター! (制作 : WINGLAY)

ゲーム制作者とゲーム実況者を両立する飛竜翔氏のサークルが制作する、最大4人で遊べるパーティー対戦ゲーム。ニコニコ自作ゲームフェス2018大賞受賞作のNintendo Switchリメイク版です。各ミニゲームにかなり踏み込んだ領域にまで手を入れられるエディット機能があり、ヌルゲーからムリゲーまで自由にバランス調整できるのが特徴です。

Untiesさんのパブリッシングで2019年の5月……には間に合わないかもしれないけど「年内にはリリースします!」とのことでした。

プリンセスナイト ─リバース─ (制作 : SOLDIER STORAGE)

声優の畠中愛さん(上画像)の「自分の代表作が欲しい!」との願望から制作が始まったというフルボイスノベルゲーム。すでにリリースされているスマートフォン版(iOS/Android)に分岐シナリオやサイドストーリー、アニメーション演出を追加したNintendo Switch版を現在制作中とのことです。

プリナイ公式CM2 -カグヤ・マルガレータ編-

キネシス (制作 : HZ3 Software )

別の意味でのもしもしゲー『Strange Telophone』でおなじみの個人ゲーム開発サークル“HZ3 Software”の最新作。itch.ioで1.99$(200円ちょい)で販売中です。
フィールドを回転させて落下方向の安全を確保してちょっとずつ進んで……って難しそうだなと思っていたのですが、いざ始めるとグリッド単位の移動ならではの大雑把なギリギリ感を存分に堪能できるアクションゲームでした。

作者のyuta氏いわく、現在公開しているPC版はアーリーアクセス的な位置づけで、このバージョンでのフィードバックを現在制作中のスマートフォン版に反映させたい……とのことでした。また本作の開発は単にこれを作りたかったというだけでなくアクション要素が強い次回作以降の試験的な意味合いもあるようで、ステップアップの着実ぶりが半端ないなぁと思いました。

Kinesis / キネシス – Official Trailer

Wonder in Wonder (制作 : Kimitsu)

グラフィックアーティストのkomitsu氏がメンバーを集めて作ったインタラクティブ絵本的作品。一枚絵風の1画面ごとに仕込まれた謎を解いて、かわいい白熊(?)がお家に帰る道を作ってあげます。

謎が凝っているとか謎が解けた時が気持ちいいとかそういうのではなく、何かが起きた時のリアクションが視覚的・聴覚的に豪華……というたぐいの驚きが詰まっています。ここでいう豪華はお金とそれに比例する技術や手間暇をやたらかけている感じではなく、みずみずしい感性を惜しみなく披露してもらっていること自体です。

他メンバーの都合により制作が一時中断しているそうですがそう遠くない未来での完成に期待したいです。

くるぽん ポルク王子とポンコツの国 (制作 : 無責任商会)

今年リリースされたiOS/Android用パズルゲーム。同じ種類のパネルを並べて消して、列の端と端を同じ種類のパネルではさむとリバーシの要領でパネルがひっくり返って、ついでに連鎖したり……といった3マッチ系のパズルゲームが好きな人なら延々と楽しめる内容です。

現状はランク上昇にともなう難度の上がり方が容赦ないエンドレスモードしか実装されていませんが、今後のアップデートで新モードが追加されていくとのこと。基本プレイ無料ゲームなので、とりあえずダウンロードしておいていいのでは。

パズルゲーム『くるぽん』PV

2nd iLL (制作 : Hanaji Games )

スケボーで高速移動&トリック+格闘アクション+中二病的物語世界+メガドライブ音源サウンド……と要素盛り盛りな作品のデモ版が展示されていました。制作は、日本国内有数の定期開催型インディーゲーム開発者交流会“Tokyo Indies”の主催者が代表兼プログラマーを務めるHanaji Games。今回は体験版の出展ということで、リリースはまだしばらく先になるそうです。

ゲームデザイン&グラフィック担当のHARA氏はイベント当日(2日目)、同作品サウンド担当のYUU MIYAKE氏とのステージイベントでドット絵アニメーションのライブドローイングを披露。ピクセルアートの素晴らしさを会場内に知らしめていました。

イベント全体の感想については後日何らかの商業メディアに掲載される予定。それはまた改めて告知します!

コメント