メガドライブ用シューティング『グレイランサー』が本来そうなるはずだった路線のパッケージで2019.6上旬再販開始

ゲームソフト・アプリ

ルーシア・キャブロック、オカエリナサイ

さまざまな形で過去のゲームを蘇らせるネクロマンティック・メーカーこと(?)コロンバスサークルさん。2019.6上旬には、27年前にリリースされたメガドライブ用タイトル『グレイランサー』をMD/MD互換機ソフトとして再販開始するとのこと。
定価は税抜5980円。おそらくほしい人に十分行き渡る規模の数量限定生産です。

『グレイランサー』はメサイヤから発売された、全11ステージの横スクロールシューティングゲーム。少女パイロット“ルーシア”がエイリアンにさらわれた父(軍人)を助けに行くストーリーと、プレイ内容によってエンディングが分岐する構成が特徴でした。

再販版の特徴はパッケージデザイン。オリジナル版に参加したイラストレーターによる描き下ろしという時空を超えた仕様です。オリジナル版のパッケージデザインを知っていて、それがいまも中古市場で結構な高値で取引されている現状を知るおっさんゲーマー諸氏は、いろいろと感慨深い気持ちに包まれることでしょう。

本ソフトが現在多くのメサイヤブランドゲームの版権をもつ㈱エクストリーム社のライセンス商品であり、すべてのMD/MD互換機での動作に対応するものではないことを承知の上でなら、各種取り扱いショップで予約しておくとよいでしょう。

MD/MD互換機用『グレイランサー』PV
『グレイランサー』がリリースされたのは、メガドライブ用シューティングゲームが山のように出ていた時期。当時は若干埋もれていた気がしますが、いま改めて当時のシューティングタイトルを遊び直すと、どれもしっかりおもしろかったりします。供給が潤沢な時は気づけないことがあるもんだなーと思いました。(gtozka)

コメント