マリオやゼルダの“VRゲーム化”もできる『Nintendo Labo』のVR体験記事を担当しました

メディア記事紹介

Toy-Con+VRの合わせ技で一本取られました!

2019.4.12発売のNintendo Switch用ソフト『Nintendo Labo Toy-Con 04:VR Kit』の先行体験記事の、各Toy-Conのレビュー部分を担当させていただきました。ライターの
紅葉つかささん、撮影モデルのご協力ありがとうございました!

ここしばらくのあいだ自宅でこそこそとToy-Conを組み立て、こそこそとVRゴーグルを装着し、こそこそと対応ゲームを遊び続けていたことをやっと表に出せてホッとしています。

同ソフトについてはまだまだ言いたいことがありますが、現時点ではひとまず

「備え付け遊具も充実しているVR空間の公園」として居心地サイコー」

と表現するにとどめておきます(フラグ)。

とりあえずVRとやらがどんなものか体験できればいいかなという方にはVRゴーグル+Toy-Con1種のお試しセットがおすすめ。

ローカル(VR)ゲーム開発環境としてはこのセットさえあれば問題ありません

また、『スーパーマリオ オデッセイ』の一部と『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の全編に対応しているVRモードでのプレイもちょびっと版だけでまかなえます。

Nintendo Labo VRゴーグルであそべる (スーパーマリオ オデッセイ、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)


(C)2019 Gzbrain Inc.
(C)2019 Nintendo

コメント