ロシア製の90年代JRPGっぽい『Grimshade』2019.3.27にSteamでリリース

ゲームソフト・アプリ

あの頃のゲームの感覚が……たぶんよみがえっているはず

ロシアの新鋭デベロッパー“Talerock”が制作した、ターン制パーティーバトルのRPG『Grimshade』がSteam(Windows/Mac)でリリースされます。配信予定日は2019.3.27で価格は$19.99です。

セルアニメライクなグラフィックとケモノキャラを含む個性的な7人のパーティーメンバーの冒険物語が特徴の本作。1990年代(初代プレイステーション、セガサターンあたり?)の日本のRPGにインスパイアされた作風は国内ユーザーにも受け入れられるはず……と思っていたら日本語非対応でした(※対応は英語とロシア語のみ)。

序盤には長め(1時間程度)のチュートリアルがあるとのこと。戦闘や成長システムメインで楽しみたい人であれば、まあなんとかなるのではないでしょうか。

Grimshade — Gameplay Trailer

2019年内のNintendo Switch版のリリースも予定されているとのこと。どこかのタイミングで日本語化されたらラッキー……くらいのスタンスで見守りましょう。

2018年にはKickstarterで10万ドルの資金調達に成功したそうです……って恥ずかしながら知りませんでした。キャラクターデザインが日本受けする感じじゃありませんが、アナグマのスナイパーとか、設定自体は面白そうです。(gtozka)

コメント