【ゲーム家族】2.大乱闘と足

エッセイ

現代の子供たちに愛されているゲームのひとつに『大乱闘スマッシュブラザーズ』があります。

息子も大好きなシリーズで、『大乱闘スマッシュブラザーズX-Wii』、『大乱闘スマッシュブラザース for NINTENDO 3DS』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』と楽しんできて、今は最新作のNintendo Swich大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』を夢中で遊んでいます。

1970年代生まれの夫婦には馴染みの薄いタイトルですが、「一緒にスマブラやろうぜ」と息子に誘われ家族でスマブラってるうちに、だんだんとシステムに馴染んできてゲームを楽しめるようになりました。

一対一の対戦は息子に全く敵わない為ただの苦行ですが、CPUを含む8体での対戦やチーム戦などのわちゃわちゃ具合は、これぞ大乱闘! という感じで腕前の差があってもお互い楽しく遊べています。

そして、息子の友人達もやっぱり『スマブラ』が大好きで、最近はゲームで遊ぶとなると『スマブラ』一択になっています。

何人かで集まって最初はワイワイと楽しく遊んでいるのですが、ゲーム内の熱が上がるにつれて、画面外のプレイヤーたちにも不穏な空気が流れだします。

私は子供同士の揉めごとには、子どもだけでの解決が難しいと判断するまでは、こちらからは口を出さないことにしています。

少しハラハラしながら見守っていると、一戦が終わった子どもたちは、大乱闘の勢いそのままに二階へ駆け上がっていきます。

「ワーッ!」っとなったまま、布団が敷きっぱなしの我が家の寝室で、大乱闘ごっこが始まりました。

ごっこなので実際に殴る蹴るはなく、なんとなくドッタンバッタンとひと暴れし、汗もかいてスッキリした子どもたちは、また和気あいあいと『スマブラ』に戻っていきました。

そしてまた、くさくさした気分になったら2階の寝室で大乱闘。

スッキリ→スマブラ→大乱闘→いい汗かいたね! のエンドレス。

暑くなりランニング姿でこたつに入ってゲームをする子どもたちを見ていると、癒される気持ちになるから不思議です。

ようやく夕焼けチャイムの時間になり、子どもたちは元気に帰っていきました。

残されたのは、荒れた寝室と荒れた居間。
(常に荒れているので、子どもたちのせいとは限らない。)

そして少々ご立腹の夫。

靴下のままでも気にせずに外で遊ぶ子どもたちの足は非常に汚いです。

その日から我が家には、「布団の上で遊ぶときには足を洗う」という決まりができました。

コメント