【ゲーム家族】1.ゲームライターの家族の徒然日記始めます

エッセイ

私の夫・戸塚伎一はゲームライターです。
MSXマガジンやBEEP!メガドライブなどの雑誌があった時代から、フリーランスのゲームライターとして活動しています。

主な仕事は、ゲームプレイや、ゲーム関係の取材をして文章化することです。
フリーランスなので編集部などへ通勤することはなく、自宅兼作業場である我が家は精神的にも物理的にも常にゲームで溢れています。
リビングはゲームプレイの為の部屋となり、ゲーム機器とモニターとPCに囲まれたこたつが家族団らんの場所です。

そんな環境に生まれ育った息子と、ゲームライターの夫と、会社員の私の三人家族の日常をゲーム関連の話題を中心に書いていきます。

第1回目は家族紹介を。


夫・gtozka
1970年代生まれ
ゲームライター
初めて触れた家庭用ゲーム機は、任天堂テレビゲーム15
初めて触れたアーケードゲームは、『スペースインベーダー
好きな家庭用ゲーム機は、MSXとメガドライブ
5年ほど前より、インディーゲームの楽しさに目覚め、自身でもゲーム作りを始める

息子
2000年代生まれ
小学生
生まれたときからゲームに囲まれた環境で育つ
若さゆえの集中力と移り気で様々なゲームを楽しんでいる
今は、『デッドバイデイライト』、『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』などがお気に入り

妻(私)
1970年代生まれ
会社員
時代の流れのままに、ファミコンから始まる王道のゲーム機器を楽しむライト層
ファミコン探偵倶楽部』、『逆転裁判』などのアドベンチャーゲームが好き


人間的には平凡で、ゲームだけに特化している家族です。
どうぞよろしくお願いします。

コメント