» » » Nintendo Switchのパーティーグッズ化を促進するSAT-BOX製タイトルはコレだ!

Nintendo Switchのパーティーグッズ化を促進するSAT-BOX製タイトルはコレだ!

Pocket


ファミリー・親族系の集いの場にもフィットするゲーム2選

携帯性に優れるNintendo Switchにはすでに“スーパーなパーティーもの”や“ブラザー大喜びの大乱闘もの”などの定番パーティーゲームがファーストタイトルとしてひと通り出揃っています。

しかし「おせちもいいけどカレーもね!」という格言(?)もあるように「楽しけれりゃなんでもいいんだよ」というジャンクなコンセプトのパーティーゲームも忍ばせておきたいもの。そんなニーズに華麗に応えてくれるのが、愛知県のゲーム開発会社SAT-BOXさんのNintendo Switch用タイトルです。

もともとスマートフォンやVR用に開発・リリースしていたカジュアル系タイトルにJoy-Conのおすそわけプレイ対応のマルチプレイ専用モード を追加する形で、2018年に入ってからすでに数タイトルをダウンロード専売ソフトとしてリリースしています。

今回は同社の新しめの2タイトルを紹介します。平成最後の年末年始(前回記事でも使ったフレーズ)、大勢の人が雑多に集まる場の余興のひとつとして活用してみては!

■ボクらの消しゴム落とし

大人や女性にはなかなか伝わりにくい男児のロマン“消しゴム落とし”の魅力を大まじめ(?)に再現した意欲作です。

ひとりでこつこつCPU戦や課題チャレンジモードに取り組むのも悪くないのですが、せっかくだったらそれらを最大4人のマルチプレイでたのしみたいところです。

殺伐としがちな対戦も、独特のふわふわ感がある3D物理演算制御の動きによってなごみがち。パーティ協力モードに至っては、妙な連帯感さえ生まれます。

ただし、ランゲームタイプの“進め消しゴムくん”モードに関しては、強制スクロールで無慈悲にゲーム進行するマルチプレイよりも、任意スクロール+制限時間制で踏破距離を競い合うシングルプレイを交代交代で遊んだ方が盛り上がるでしょう。

なぜそんなことを言うかというと、このゲームモードをたいそう気に入った小学校中学年男子の子どもが、本作をいままで遊んだおもしろいゲームランキングの中で『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の次に挙げていたからです。 男子小学生に高確率で刺さり、かつ、いかにもゲームゲームしたギラギラ感もない本作は、ファミリー・親族の空間で役に立つでしょう。

■Voxel Sword(ボクセルソード)

2018.12.27リリースの、角ばったファンタジー世界を舞台にしたアクションゲームです。

“バトルモード”はTPS(サードパーソンシューター)の基本操作で、残り体力に気をつけつつ課題を気にしつつフィールド内にいる敵を倒しまくる……というシンプルな内容。Joy-Conでの操作時は、コントローラー本体の傾けによるエイミング(照準移動)が必須となります。

“レースモード”は、激突、頭上乗っかり何でもありのチャリオット・レース。特定ポイントに配置されるフルーツを取ってパワーアップ/ダウン……というおなじみのあの感じを非常にシンプルな操作で楽しめます。

2~4人のマルチプレイは両モードともに対応。マルチプレイ時は画面が4分割されます。

レースは普通に対戦ですがバトルの方は協力プレイという大前提のもと味方同士でやりあえる仕様になっているので、適度にハイな状態で遊ぶととんでもなくおもしろいことになるかもしれません。

(c)SAT-BOX

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です