『斑鳩』っぽく輪っかを飛び移るアクションゲーム『海のカケラ』 の無料デモ版(Ver 0.0.2)が公開

ゲームソフト・アプリ



個人開発のインディーゲームデベロッパー“Shiosai Siren”さんが制作中のアクションゲーム『Fragment of Marine(海のカケラ)』のステージ1だけをプレイできるデモ版が、2017.10.1に、itch.ioサイト内にて公開されています。

本作を初めてプレイしたのは、今年8月に岐阜県岐阜市で開催された“全国エンタメまつり”のインディーゲーム出展コーナー。シンプルな見た目と、ちょっとクセのある知恵の輪のようなプレイ感覚が印象的でした。東京ゲームショウ2017のインディーゲームコーナーにもブース出展されていたので、プレイしたインディーゲーム愛好家は、結構いるんじゃないでしょうか。

開発者のSHiEEさんいわく、本作のアイデアは、雨の日に、ビルの屋上から、人が行きかう通りを見下ろした時のビジュアルイメージから閃いたとのこと。その時点からすでに独特です。

ゲームプレイは、「慣れていない人も慎重に操作したら無理なくクリアーでき、上級者だったらノンストップでスイスイ進むことに挑戦できるバランス」を実現すべく、日々調整中とのこと。今回のデモ版をプレイした限りでは、リスタート地点が多数用意されるなど、以前にもましてビギナー向けの調整がされているように感じました。
『ロッ◎マン』形式のステージ構成で展開するストーリーもなかなか壮大のようで、完成形が楽しみです。

対応OSはWindowsで、30メガくらいのzipファイルをダウンロード・解凍する必要があります。
exeファイル実行時、PC側にめっちゃ警戒されますが、おそらく大丈夫でしょう。とはいえ最終判断は自己責任でよろしくお願いします。
あと、PCのスペックや状態によって動作がすごく重くなったりする点は、納得の上で。

キーボードで操作する際には、画面に表示される指定ボタンが、該当アクションのキーと対応していないので注意。
“Aボタン”と書かれていたらZキー、“Bボタン”はX、“Xボタン”はCですよ!(余計こんがらかりそう)

■Shiosai Siren公式サイトはこちら




コメント