「自作ゲーム大運動会」でScratchの先にある世界を意識する

Pocket

もうひとつのe-SPORTSがここに


作る・遊ぶ・飲む(?)のトライアスロンこと、自作ゲーム大運動会。2016年6月開催の「えっ私が!? 自作ゲーム大運動会! 春の陣」で、3度目の参加となりました。

簡単なレギュレーションに沿って作られた自作ゲームを持ち寄り、それを競技種目として、みんなでチーム対抗形式でプレイ……という主旨の、このイベント。かつては、屋外で本当に運動していたそうです。

主催者は、同人ゲームサークル「あるふぁ~秘密基地」の、小泉大輔氏(以下、D.K氏)。現在は、元ZUNTATAの小塩広和氏もサウンド提供してしまうほどガチな横スクロール弾幕シューティング『ローリングガンナー』を制作中です。

続きを読む 「自作ゲーム大運動会」でScratchの先にある世界を意識する

Pocket

「自作ゲーム大運動会」は参加することに意義があった

Pocket

プロの賄い料理的ミニゲームが、ずらりと


2015年10月初旬、フリーゲーム開発者・小泉大輔(以下、DK)氏が主催するイベント「2015年 秋の!? 自作ゲーム大運動会」に行きました。

主な内容は、“1プレイが3分程度で終わり、スコアやタイムで優劣がつくゲームを自作して持ち寄り、参加者で数チームにわかれて、合計スコアを競いあう”というもの。

「自作ゲームのクオリティ不問」とか、「ゲームを作らずプレイ・オンリーでも参加可」とか、何かとゆるいノリに惹かれ、今年1月に開催された同様の内容のイベント「2015年 新年会という名の自作ゲーム大運動会」に続いての参加です。

続きを読む 「自作ゲーム大運動会」は参加することに意義があった

Pocket