» » » 海外ユーザー待望の『ヴェスタリア サーガ』英語訳版が2019年にSteamで配信決定

海外ユーザー待望の『ヴェスタリア サーガ』英語訳版が2019年にSteamで配信決定

Pocket

ハイクオリティさが滲み出る国産フリーゲーム、世界へ

2016年にネット上に公開されたファンタジーシミュレーションRPG『ヴェスタリアサーガI 亡国の騎士と星の巫女』。

かつて商用ゲームの開発に携わっていたゲームクリエイターが市販のゲーム制作ツールで作り上げた“趣味の娯楽”の同人ゲームということで、現在も公式サイトで無料公開されています。

その独特の物語世界をゲームプレイとともに体験したいけど“言語(日本語)の壁”の前に躊躇していた多くの海外ユーザー向けに、大阪に拠点を置くインディーゲームパブリッシャー“DANGEN Entertainment”さんが英語ローカライズ版の開発を進めていたようです。

リリース予定は2019年で価格は未定。現在Steamページではプロモーション映像が公開されています。

これまでのリリースタイトルで日本語ローカライズのクオリティは保証済みのDANGENさんということで、海外ユーザーもそのあたりはひと安心ではないでしょうか(というこの記事が海外ユーザーに届かない気もしますが)。

ひとつ気になるのはSteam版に日本語ローカライズが含まれていない点。

制作サークルが国内での収益化に消極的なことが関係しているのかもしれませんが、そこはファン側の“空気を読むスキル”の発揮しどころなんだと思います。

(c) 2016 VestariaProject

(c) DANGEN Entertainment

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です