» » » 『CosmicSnake8473/3671』2018.5.24リリース&ゲームレジェンド28で先行販売

『CosmicSnake8473/3671』2018.5.24リリース&ゲームレジェンド28で先行販売

Pocket


マインドウェア開発のスネークゲームリメイク第3弾!

カタチのゲーム まるぼうしかく』(2008年)、『燃やすパズル フレイムテイル』(2010年)……と、ヘビ状の長い胴体にぶつからないように操作することをメインとした古典PCゲーム、いわゆる“スネークゲーム”のリメイク作を手がけてきたマインドウェアが、その第3弾『COSMIC SNAKE 8437/3671』を2018.5.24にリリースします。プラットフォームはWindows PC。Steam版は980円で、パッケージ版は2500円(税抜)です。

 

そのパッケージ版が、2018.5.20に川口市民ホールフレンディア(埼玉県川口市)で開催されるレトロゲーム・マイナーゲーム中心同人誌即売会“ゲームレジェンド28”にて先行発売されます。サークルスペースは81abです。会場に足を運ぶ方はぜひチェックを!

ゲームフィールドを真上から見下ろした視点がスタンダードなスネークゲームをサイドビューで構成し、スネーク状のプレイヤーキャラで地面を掘って落盤を発生させる……という本作のアイデアは、実は2007年時点にできていたとのこと。

 

そのプロトタイプが以下のプレイ動画。この時点で基本システムがほぼ固まっていることがわかります。

さらに『COSMIC SNAKE 8473/3671』にはゲーム速度の調整機能がついていて、もっとも遅くすると完全にターン制のゲームになるのも特徴。スネークゲームが苦手な人もマイペースに遊べます(“苦手”と自覚できているゲーマーがどれだけ現存しているかはさておき)。

 

マインドウェア製スネークゲーム・ちょっといい話

『COSMIC SNAKE 8473/3671』の原作者は、『カタチのゲーム まるぼうしかく』をマインドウェア代表・市川幹人氏と共同で作り上げた渡辺訓章氏。初代プレイステーションの“無限工作おもちゃ箱”こと『パネキット』(1999年)などを生み出したゲームクリエイターです。タイトルの“8473”は、おそらく氏の生年月日データでしょう(笑)。

 

ちなみに『燃やすパズル フレイムテイル』のオープニング・エンディングイラストを手がけたのは、現在WWEで“ASUKA”のリングネームでめちゃめちゃ活躍している女子プロレスラーの“華名”氏。

 

レッスル業とともにイラストレーター、ウェブデザイナーとして活動していた時代にプロレスファンの市川氏と行ったコラボレーションのひとつということで、テレビゲームとプロレスの歴史がなんかすごい感じで……例えるならそう、ウロボロスの輪のように重なり合っているのがマインドウェア流なんだなぁと思いました。

■マインドウェア公式サイトはこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です