余裕でI’m not BoyなSFC互換機「16ビットポケットHDMI」2018.4.20に堂々リリース
» » » 余裕でI’m not BoyなSFC互換機「16ビットポケットHDMI」2018.4.20に堂々リリース

余裕でI’m not BoyなSFC互換機「16ビットポケットHDMI」2018.4.20に堂々リリース

Pocket


いろんなSwitchがついたSFC互換ハードがこの春発売!

かつてスーパーファミコン用として発売され、出荷数の少なさからプレミアソフト化したタイトルを“SFC/SFC互換機用ソフト”として続々再販していたコロンバスサークルさんが、ついにそれらを起動できるハード「16ビットポケットHDMI」を発売します。

 

リリース日は2018.4.20、希望小売価格は17,064 円[税込]です!

昨年リリースされた、ファミコン用ソフトが動くFC互換ハード「エフシーポケットHDMI」同様、本体に搭載した7インチ液晶画面と、外部モニター接続でドットくっきりなHDMI出力映像でゲームをプレイできます。

 

ちょっとかさばるけど専用のワイヤレスコントローラを持ち歩けばいつでも2人プレイが可能。『アイアンコマンドー 鋼鉄の戦士』や『美食戦隊薔薇野郎』の布教も捗るというものです。


本体には画面比率を"スタンダード(4:3)"か"ワイド(16:9)"に切り替えるスイッチと、 テレビ規格をNTSC(主に国内ゲーム用)かPAL(主に海外ゲーム用)に切り替えるスイッチ、そして液晶画面の明るさ調整ボタンもついているので、かなりのバリエーションで使えます。

 

初回生産の数量はそれほど多くないということで気になる人は早めの検討を。ただあくまでも互換機なので、すべてのスーパーファミコン用ゲームが正常な状態で動くわけではないことは悪しからず。

※本製品はコロンバスサークル社のオリジナル商品であり、任天堂社のライセンス製品ではありません。

コロンバスサークル公式サイトはこちら

Pocket