いつまでも絶えることなく『スマたま 』を楽しめるゲーマーでいよう

Pocket


すべてのガチャ課金ありスマホゲープレイヤーに捧……げなくてもいいか

『スマたま ~スマホゲーに搾取(と)られてばかりでたまるかっ~』は、2017年9月よりノベルゲームコレクションで公開されているフリーゲームです(制作・はなわらげシム製作所)。

以前プレイした時は「アイデアは秀逸だけど、ゲームの性質上、無音だと“未完成っぽさ”の方が際立つな……」という印象でした。
ところがいつのまにか大型アップデートが行われ、サウンドはおろか新要素、新ゲームモードまで追加された“完成版”に生まれ変わっていたので、今回晴れて紹介することにしました。

ゲーム内容は、廃課金ゲーマーたちのえもいわれぬ感情が具現化した“超時空ウサギ”を通して、すべての元凶である(?)ゲーム自体にモノ申していく……というものです。

具体的には、“最初”、“真ん中”、“最後”に分かれてランダム表示されるセンテンスを、意味の通る文章になるよう確定させる……という、単純なワードパズル。

正解の文章の組み合わせは固定。それらはノーヒントですが、ガチャ課金のあるゲームをある程度やったことがある人なら、自然と導き出せるでしょう(ガチで廃課金過ぎると、逆にピンとこないかもしれません)。

そんな風にして組み立てた主張をぶつけるごとに、まともそうなサイトがみすぼらしくなっていくさまが、何とも痛快です。

サイトを完膚なきまでに破壊し尽くすと、今度はゲーム世界の中に入って、廃課金行為の元凶になっているであろうボス的存在のキャラクターとの対決になります。

ボスは仲間を呼んで、守備を固めます。

こうなってしまったら特定の順序で特定の言葉を完成させて仲間を追い払う必要があります……というと急に難しい内容に思えるかもしれませんが、ちゃんとそれっぽい単語が新たに追加されるので、よいアクセントとして楽しめるでしょう。

ステージ2(最終面)は、アイドル育成ゲームです。

クライマックスではアイドルソング的なBGMとなんだか壮大に見える画面演出によって、謎のカタルシスさえ得られます。

“シナリオ”モードはあっさりと終わるのですが、プレイ内容によってコレクション用アイテムが手に入ったり入らなかったりするので、コンプリートにこだわれば、そこそこ繰り返し遊べます。

どんな文章を作ればいいかひと通り把握できたら、“スコアアタック”に挑戦するのもいいかもしれません。

実際ハイスコアを出せるかどうかは、プレイ中にゲットできるボーナスアイテム“ガチャ”の引き運にも左右されるわけですが(笑)、ダメージを与えた時の演出が派手になるなど、テンポの良いゲームプレイを楽しめます。

アイデアを生かす演出面にとことんこだわれば、ノベルゲーム制作エンジン(ティラノスクリプト)でもここまで作れる……ということを実感できる作品でもあるので、ゲーム制作に興味がある方もプレイしてみてはがでしょうか。

■『スマたま ~スマホゲーに搾取(と)られてばかりでたまるかっ~』のプレイ&ダウンロードサイトはこちら

2016 (c) STRIKEWORKS All Rights Reserved.

Pocket