洋ゲーオンリー同人誌即売会“UNLIMITED EX”とは?

Pocket


海外に目を向けた同人誌即売会が開催されるようです

“洋ゲーオンリー”というワードがSNS上で注目されている……ということを数日前に知りました。

どうやら、2018.7.1に東京ビックサイトで開催予定の“UNLIMITED EX”というイベントのことで、開発・製作が海外のゲーム作品を取り扱った同人誌を頒布対象とした即売会のようでした。

海外製ゲーム、という括りならインディーゲームだっていいはず。
『RUINER』『VA-11 HALL-A』(アイキャッチ画像で使用しているゲーム)あたりの同人誌がズラッと並んでいる空間があるとしたら、ちょっと興奮してしまうかもしれません。

こういう趣旨のイベントもおもしろそうだなぁと思った反面、門外漢のおっさんにはイベントの全体像がもうひとつわかりにくかったので、運営会社に問い合わせてみました。

話によるとUNLIMITED EXは、同日に同会場で開催される“プチオンリーイベント”のひとつとのこと。
“COMIC CITY”というオールジャンルの同人誌即売会の中で人気のあったジャンルだったため、プチオンリーイベントに昇格(?)したそうです。

併催されるプチオンリーイベントの合計数は13。
“スクエニゲーム作品”や“アトラス作品”、“刀剣乱舞”といった普通に強そうなものから、“海外アニメ”、“擬人化”、“モーニング・アフタヌーン・イブニング系”といったピンポイントなジャンルまで揃っていて、全5000サークルスペースを各プチオンリーイベントへの参加応募ぶんに割り振って配置するとのことでした。

開催時期がだいぶ先で、サークル参加の受付開始ももうちょい先のようですが、「洋ゲーの薄い本なら任せておけ!(※R-18とは限らない)」という方は、気にかけてみてはいかがでしょうか。

(c) 2014-2017 SUKEBAN GAMES LLC




Pocket