『吾妻邸くわいだん』約8年(!?)の開発期間を経てプレイステーション4用ソフトに
» » » 『吾妻邸くわいだん』約8年(!?)の開発期間を経てプレイステーション4用ソフトに

『吾妻邸くわいだん』約8年(!?)の開発期間を経てプレイステーション4用ソフトに

Pocket


緊張感あるバトルと謎解きを楽しめるインディーゲームの発売時期が、ふわっと決定

個人でコツコツとゲーム開発しているうちにインディーゲームを取り巻く環境が様変わりしたので、ほぼできていた状態からUnityで作り直す……という、聞くだけでクラクラする道のりを辿っていた伝奇アクションアドベンチャーゲーム『吾妻邸くわいだん』。

本当にリリースされるんだろうかと訝しんだ時期もありましたが(失礼)、ついに2018年上旬、プレイステーション4用ダウンロード専売ソフトとしてリリースされることが正式に発表されました。

販売元は、東方Projectの二次創作タイトルをコンシューマプラットフォームに多数送り込んでいる“Play,Doujin!”プロジェクト(運営はメディアスケープ)。

同プロジェクトからのリリースの決め手は、Play,Doujin! サイドが主人公の少女を霊夢と見間違えたから……というわけではなく(笑)、“同人ベースのゲームにたいする根底部分での理解”という面を重視しての、開発者側の判断のようです。

ゲームの基本コンセプトは開発当初からそのままに、ゲーミングデバイスはPC用キーボード+マウスからプレイステーション4用コントローラーに変更。

カジュアルなアクションゲーム感覚で遊べるようになり、かつ、ポイント&クリックタイプのアドベンチャーゲーム的操作をタッチパッド部でまかなえるようになったことで、戦闘と探索がシームレスに展開する本作にとっては好都合な仕様変更だなと思いました(※プレイステーション4用コントローラーでプレイヤブル出展されていたPC版をプレイしての感想です)。

2017.11.12に東京・秋葉原で開催される“デジゲー博2017”のブースでは、プレイステーション4の実機で動いているデモ版が出展されるとのこと。
妖しくて、どことなく懐かしい本作のムードに惹かれた方にとっては、どんなものか試してみる良い機会では。

■“求道庵”公式サイトはこちら

Pocket

Leave a Reply