» » » 【AKIBA PC Hotline!】恩人が日本版『MYST』の開発にガッツリ関わっていました

【AKIBA PC Hotline!】恩人が日本版『MYST』の開発にガッツリ関わっていました

Pocket


“リアル忍者”がゲーム史の暗部(?)に斬り込む!

フリーライター・忍者増田氏のレトロゲームに関する連載コラムです。

やけに『MYST』の話題が長いな……と思っていたら、今回、とんでもないネタがぶっ込まれていました。

私が“BEEP!メガドライブ”や“Theスーパーファミコン”といったソフトバンクのゲーム雑誌でライターをしていた時代に大変お世話になった編集長であり、1990年代のコンシューマゲーム業界のど真ん中に確実に、かつ、目立たないようにいらっしゃった川口洋司氏が、プレイステーション版『MYST』の開発に直接かかわっていたというのです。

私たち雑誌編集の現場が、やれ今度のオリジナル対戦格闘ゲームの出来はどーだとか言っているあいだに(※アイキャッチ画像参照)、そんな楽しげなことが行われていたなんて。

これはノーヒントじゃ気づけるわけがない!(ダブルミーニング)

■「忍者増田のレトロゲーム忍法帖」のお求めはこちら

(c) Cyan Worlds




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です