『ぺんぎんくんギラギラWARS』開発者インタビュー記事が公開されました【ファミ通.com】

Pocket


取材・記事を担当しました。
『ぺんぎんくんWARS』のまさかのリメイク作『ぺんぎんくんギラギラWARS』について、主要開発スタッフに伺いました。

本作を開発・販売するシティコネクションさんは、ゲーム音楽サントラレーベル“クラリスディスク”を運営していて、ジャレコゲームのIPを持っていて、MECHANIC ARMS(甲南電機製作所)と経営統合して、『ゲーム天国』『アイドル雀士スーチーパイ』の主要開発スタッフを擁して………といった具合に、実にクセが強い新規参入メーカー。

“ジャレコのゲームばかり出すんでしょと思われるのは嫌だから2作目は別メーカーのIPでいくと決めていた”という攻めの姿勢と、その結果選んだタイトルの絶妙さ、対戦ゲームとしての出来の良さが、なんとも痛快です。

余談ですが、2作目のリメイク候補には、正式決定の直前まで、別の某有名タイトルが有力視されていたとのこと。
もしそのままいっていたら、大惨事とまではいかないものの、リリース時には「ええ……」という空気感になっていたでしょう。

謎の危機回避力発動→ドッジボール要素のある『ぺんぎんくんWARS』に……という流れは当然の帰結だったのではないでしょうか(強引なまとめ)。

■『ぺんぎんくんギラギラWARS』公式サイトはこちら

Pocket